始まりと終わりの街ブリスベン

こんにちは。えのきです。成田空港に着いたら吉野家に行こうと思います。

前回は私がワーキングホリデーで最も長く過ごした街シドニーに数日滞在してなんやかんやしたことを書きました。パースで過ごし始めたあたりから特別な体験や観光をしていませんので盛り上がりに欠ける日々ですね。

さて、今回は、予定通りですと最後の目的地ゴールドコーストに行く回なのですが、その前にどうしても寄り道したいところがありました

それは私にとっては他の街より特別な場所。WWOOFとストロベリーファームを終えて完全に0になった自分のワーキングホリデーが始まった街。

ブリスベンに1週間ほど寄り道して滞在することに決めました。

周りの景色全部が新鮮だったあの頃から、1つのオーストラリアの街として見られるようになった今への変化が、私のワーキングホリデーで得た僅かな成長を確かに感じさせるものになりました。
英語力が伸びていない言い訳です。

街を歩いて感じた変化

街は8カ月半前に訪れた時と、それほど変わっていないはずでした。比較的大規模な街と言えどメインの区画は1日あれば十分歩いて見て回れる程度の大きさなのですから、今回も同じような場所を歩いたはずです。

ですが久しぶりに来訪して、驚くほどに自分の目に映る景色が変化していることに驚きました。

当時感じたワクワクを幾分も再体験することができなかったからです。

記憶の中で呼び起こされるブリスベンの2日間で感じた「巨大なショッピングモール」「綺麗なアーケードや街並み」「馴染みのない動物や人々の生活」の高揚感をもう一度得たいと当時歩いたはずのモールを始め、さまざまな場所を練り歩いたのですが、懐かしさを感じはするものの、当時の心躍る感情を得ることは出来ませんでした。

ですがそれは同時に、私がオーストラリアの街をどれだけ「異境の地」として感じないようになっているのかを実感させました。

この9カ月半で何か形あるものを得られたかと考えると、とても自信が持てるものがないような生活を送ってきましたが、ここで1つ小さいながら得られた成果があるように感じて、少しだけ嬉しくなりました。

変わったのは街ではなくて自分自身だったんですね、というオチの薄い話です。

夢、叶っていました。

WWOOFを終えてからの私は、毎日ひたすら暇な時間を過ごしていました。時に人と会話をすることはあるものの、基本的に1人の寂しい時間です。

さて、そんな時間に何をしていたかといえば、街をぶらぶらして、時々公園の芝生で昼寝をして、本を読んだりドラマを観たりして過ごしていました。

そんなある日ブリスベンの公園の芝生に寝転がって空を眺めていたとき、ふと気が付きました。

これ、オーストラリアに来た当初の目的が叶っているのでは??

私はオーストラリアに来る前に、ささやかに叶えたい夢として「何も考えずに芝生でゴロゴロする」というものを立ててきました。
オーストラリアで農業をしようと思い立った理由

改めて考えると、こうしてのんびり過ごしている時間は、その夢が叶っていると表現してもいいような気がしてきたのです。今は始まったばかりのあの頃と違って、思い悩むことはほとんどありません。

田舎で年中動物の世話をして過ごす、という当初の予定は実現しなかったものの、こんな都会のすぐそばでささやかな夢が叶っていることに気が付いたのは、ブリスベンに寄り道した大きな収穫でした。

オーストラリアの出口へ行きましょう

思い残すことはおよそありません。
本当の最後の街ゴールドコーストへ向かいましょう。

もともとゴールドコーストはボーナスステージのつもりで、適度に観光する予定だったのですが、私が滞在する期間の天気予報を見ると「サンダーストーム」と書いてあるのでどうも厳しそうです。

ですからお土産を買って、後はゆっくりコーヒーでも飲みながら、私を迎えに飛行機が来るのを待つことになりそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

それではまた。

シェアして下さると喜びます

2 件のコメント

  • 素敵な写真が沢山!ブリスベンの良さが伝わりますよねー。

    前回の都市比較でおっしゃっていた意味が分かります。
    そうそう、通勤などに電車やバスを使わなくても沢山歩いたとしても
    徒歩で回れるって大きいですよね!私もそういう観点でイギリスの滞在先を選んだので
    とてもよくわかりますし、そういう町が大好きです。
    生活するにはブリスベンはとてもいいんだーと思いました!
    日本からの飛行機の発着もありますしね。

    そして、初めての時より、新鮮さ、そして心躍らなかったとのこと、
    そうですよー!オーストラリアのsurviverとしてすっかり慣れ親しんだということ
    なんでしょうね。意味のあるすばらしいワーホリだったようで良かったなー
    なんて思いました!

    • そうなんです!ブリスベンくらいの大きさが自分には心地良かったです。
      hsさんも同じようで嬉しいです。
      不意に決めたブリスベンへの立ち寄りでしたが、行ってよかったなと思いました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です