オーストラリア流クリスマス前後の過ごし方!

明けましておめでとうございます。えのきです。節約のため毎日パスタとパンしか食べていないので前のホストにいた頃と大差がないことに嘆いています。

さて、前回アデレードを充分観光し、ある意味最後のWWOOFの目的地であるパースに到着しました。さて、どうにか新しいホストを見つけられ……

ませんでした。

あまりに時期が悪かったですね。クリスマスから正月にかけてはオーストラリアの最大のホリデーシーズン。家族で過ごしたり旅行に出かけたりする人しかいないようです。

目ぼしいホストにはすべて連絡を取ってみたのですが、どこも断られるか反応がなく、悲しいことにWWOOFでの年明けは諦める結果になりました。

これはどうしようもありません。

浮浪者決定です。

………とはいってもこれは予想できた事態なので、その程度の貯蓄は充分にありました。

ですのでただの「暇な時間がひたすら長くなった」というだけですね。

旅の終わりはあっけないもので、これにてWWOOFは終了になります。

あとはその辺を散歩しながらお金をかけずに観光したり時間の許す限り床をゴロゴロし続けて帰国の日を待つことになります。
そうはいってもこれからまだパース→シドニー→ブリスベン→ゴールドコーストと旅は続くので少しだけ刺激はありそうですが。

帰国までもう3週間もないんですよね(当時)。う~ん、感慨深い。

さて、今回はパースについたクリスマスイブから数日間のお話です。キリスト教国家であるオーストラリアではクリスマスは一段と盛大に祝われます。全ての店は閉まり、全ての人が自宅に帰ります。
またその翌日はオーストラリアで最大のセールイベント「ボクシングデー」が待っています。

(おそらく)人生で1度のオーストラリアでのクリスマス!
何か特別な出来事が待っているでしょうか。心を躍らせ外に出掛けましょう。

クリスマスの街はおそらく最も治安が悪い

知ってました。外に誰もいません。

前日は賑わっていたパースの街から人が見事に消えています。

残っているのは家に帰るあてのない人。つまり浮浪者たちだけ。

普段は人口の極々小さい割合でしか存在しないホームレスたちがクリスマスだけは相対的に爆増するということにこの時初めて気が付きました。

当然街を歩いているだけで絡まれる可能性も上がります。オーストラリアのホームレスは果敢にお金を得ようとしてくるのです。

5人以上に絡まれたのはワーホリ生活の中でトップでした。

駅で親とはぐれたからお金を欲しいとせがんでくる人、クリスマスソング爆音で歌いながらこちらを見てくる人、Fワードを連呼しながら近づいてくる人、いろいろな人が居ました。

オーストラリアは自由の国ですからホームレスも老若男女に渡ります。日本と違って若い女性のホームレスが多くいるのにはまだ慣れません。

ひたすら誰もいない街を徘徊するだけのクリスマス。

まあ、日本に居るときと違って1人でいるだけで謎の焦燥感に駆られることはないのでいつも通りに過ごしました。退屈でしたが。

さっさと寝て、翌日のボクシングデーに備えます。こちらが私にとっては本番なのです。

12月26日はボクシングデー Boxing Day

翌朝同じように街に出ると、同じ場所にも関わらず人の多さが全く異なりました。この人混み!そう今日はボクシングデーです。

この日にワーホリを頑張ったご褒美を何か買おうと決めていたので私はこの日を心待ちにしていました。

いやあ、せっかく歩くなら賑わっている街の方が良いですね。

ボクシングデーとは

「ボクシング」は格闘技のボクシングではありません。箱という意味のボクシングです。初めに見た時は「えっ、ボクシングってそんなにオーストラリアで有名なの?」と思いました。

Boxing Dayの由来はいくつかあるようですが、最も有力なのが「1830年代のイギリスでのクリスマス後の休日に郵便配達人や使用人たちがクリスマスボックスを受け取る習慣」であるようです。

  The first week-day after Christmas-day, observed as a holiday on which post-men, errand-boys, and servants of various kinds expect to receive a Christmas-box. So also Boxing-nightBoxing-time.

Oxford English Dictionary Online

オーストラリアだけではなく、発祥のイギリスの他にヨーロッパの一部の国、カナダやニュージーランドなどでもボクシングデーは祝われているようです。

ともかく、大切なのはこの日が「1年で1番のセール日」だということ!

クリスマスの街はおどろおどろしい雰囲気がありましたが、ボクシングデーはどうなのでしょうか。

賑わう街で買い物をしよう

街は人で溢れかえっていました。

どの店も人が多くて入るのが困難でした。あらゆる店先に「Boxing Day Sale!!」「Madness Sale!!」と宣伝がされ、およそ50%以上の割引がされていました。

私は実は先に買うものは決めていて、せっかくだからオーストラリアブランドのものを買いたいと思い、CrumplerのバッグとThe horseの腕時計に狙いを定めていました。どちらもそれほど高価過ぎずオーストラリア土産にちょうどいいと思っていました。

結果微塵も関係ないものを購入して帰宅しました。

服はいかんせん安かったですし、ノイズキャンセリングの優秀そうなヘッドホンは前々から欲しかったので……。

まあ満足しているので良いですよね。

オーストラリアで普段贅沢をせずに生きてきたのでたまの買い物についキャッキャして書きたくなっただけの話でした。

まとめ

クリスマスはさっさと寝ろ。

翌日早く起きて買い物に行け。

以上です。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

それではまた。

シェアして下さると喜びます

2 件のコメント

  • クリスマスはさっさと寝ろ。
    翌日早く起きて買い物に行け。

    これ、ちょーウケました!!最高!!
    ホームレスの群れに襲われちゃいますよね。

    それにしても、すごい落差。
    クリスマスはホームパーティとかなのかな?
    で、翌日バーゲンにくりだすみたいな?

    そして、節約してあまりお金使ってない時に、思い切って買い物すると
    気分あがりますよね!あるある!

    • きっと家族がいると価値観がひっくり返ることでしょうね(笑)
      ホームパーティーとかなんだと思います。お店どこも開いていませんから。
      久々のショッピングが楽しかったってだけを書きたかったんです(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です