アデレードの格安観光でイルカを見られました

年末ですね。えのきです。正月も予定は何もないのでまた本土脱出を図ることにします。クリスマスほどではありませんがどこも開いていませんし。

前回は4軒目のWWOOFについてお話しました。ハエに囲まれてひたすらフェンスを張り替える2週間弱でした。しかしあまりの暑さからその合間にアデレードに家族でついに逃げ出しました。

今回はそんな合間で行ったアデレードのささやかな観光について書いていきたいと思います。珍しいところは特に行っていませんが、アデレードの街自体あまり日本で知られていない場所で、オーストラリア感のある街並みを楽しめましたよ。

セマフォンビーチの夕焼け

昼の気温が45℃近くまで上がるようになった頃、私たちはあまりの暑さに仕事を諦めポートアデレード近くに借りている家で休暇を取ることになりました。

着いたのは夕方ごろ。とはいえこの頃は日が暮れるのも8時半くらいなので、日本だとすっかり夜なのですが。

せっかくですし歩いて行けるすぐそばのビーチまで行ってみることにしました。

その名もセマフォンビーチ。観光客も多く訪れるアデレード近辺の有名なビーチです。

海岸には海へと向かうウッドデッキもあり、夕陽を見ようと多くの人々が待機していました。デッキの先端には釣りを楽しむ人が多くいました。

太陽が地平線の彼方に沈んでゆきます。

太陽が驚くほどに大きく綺麗でした。写真よりも実物の方が数倍綺麗だったのですが、紹介するにはカメラの性能が足りません。

後はずっと食べたかった油ものを食べに、フィッシュアンドチップス店で夕食を取りました。

フィッシュアンドチップスを食べるたびに後半胃のもたれで死にそうになります。けれどときどき食べたくなってしまうのは日本の油溢れるラーメン店と似たものがありますね。

アデレードの街散歩

アデレードはオーストラリアで5番目に大きな人口120万人の都市です。シドニーが450万人ですから4分の1くらいのサイズ感です。

アデレードはシドニーやブリスベンといった他の都市に比べると確かにこじんまりとしていましたが、これまで訪れた中で最もオーストラリアらしい雰囲気を残す街でもありました。

写真で見ていきましょう。

街が小さい上に中心部は無料のトラム(路面電車)やバスが走っていますから交通の便が良くて気楽に見て回ることができました。

あとはいつも通り博物館とか美術館とか図書館とかお金のかからず見て回れる文化施設に引きこもっていました。

アデレードを歩いて感じたのは「ホームレスの人の多さ」です。どの街にもホームレスはいるのですが、アデレードは際立って多く感じました。50メートルごとに道に転がっていてお金をせがまれるイメージです。図書館の中など公共の施設内でホームレスが住んでいるのを見たのはアデレードが初めてでした。

ただアデレードはオーストラリアで最も治安の良い街の1つとして知られていて、なんとも納得いきがたい結果になりました。

正直治安そんな良いと思えないんだけど……。

街全体に少しだけ感じる閉塞感とつながるような気もしました。

アデレードにある日本式庭園「姫路庭園 Himeji garden」

突然ですが、アデレードが姫路市の姉妹都市だということを知っていましたか?

アデレードは姉妹都市の友好の証として、姫路庭園を街の中に作りました。

街中を歩いていてもHimejiと名のついた店があることに驚きます。

せっかくの機会ですのでHimeji Gardenへ行ってみました。

しかしこの日の気温は既に40℃越え。庭園に人なんて誰一人いませんでした。ハエの飛ぶ音だけが響いていました。

庭園自体はそれほど大きくありませんでしたが、充分に日本的な雰囲気を楽しむことが出来ました。

しかし問題はこの暑さ。少し歩いているだけで汗が止まりません。気候さえ良ければゆっくりできたものをと惜しみつつ、ハエの群がる音に促されて庭園を後にしました。

暇があれば街からも近いので散歩がてら訪れる価値はありますよ。

格安ドルフィンウォッチングツアーに参加しました

家の近く、ポートアデレードでは格安で案内されるイルカを見に行くツアーがありました。ホストのご家族に紹介されて、せっかくなので体験してみることにしました。

利用したのはポートアデレードにある「Dolphin Explorer」という会社のフェリーです。

なんとたったの10ドルで2時間強のツアーに参加することが出来ます。ランチをつけても25ドル。オーストラリアとは思えない格安さです。

私は午後1時からのツアーに参加しました。出港20分前になると、大勢の乗客で船内は賑わっていました。

イルカの生息地を目指していざ出発です。

船は港をゆっくりとした速度で巡行します。周りの景色を見ながらナレーションでその歴史や成り立ちを説明してくれていました。半分ほども理解できませんでしたが。

しばらく巡行していると、にわかに下で人の歓声が上がったのが聞こえました。私も階段を下りて海を眺めます。

イルカを見ることが出来ました。

写真に収められたのはこの1匹だけですが、ツアーでは何匹もイルカを見ることが出来ました。しかしどうして船と一緒に走ってくれるのでしょうか。餌でも撒いているんですかね。

何にしろこのツアーは非常に楽しむことが出来ました。
オーストラリアらしいし安上がりだし船酔いしない船旅ができるしで大満足ですね。

まとめ

アデレードはオーストラリアの雰囲気を残した良い街でした。
街全体が少しだけどんよりして感じられるのとホームレスが異様に多いことを除けば住みよい街なのではないでしょうか。

日本人も2000人ほどしか住んでいないらしいですし英語を学びに来る人にも良いのかもしれませんね。

ということでアデレードを後にして、再び田舎の家に戻ってフェンスを直した後、ついに最後の日を迎えホストの家から出ていくことになりました。

ハエを潰すこと以外にすることがなく、なんとも言えない滞在でしたが、時に経験としては良かったのかもしれません。

さて、次の行き先はパース。オーストラリア第四の都市で西オーストラリア最大の街です。クリスマスも目前に控えたこの時期に、新たなホストは見つけられるのでしょうか。

正直すでに半ば諦めて飛行機に乗りました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

それではまた。

シェアして下さると喜びます

2 件のコメント

  • アデレードの気温、恐ろしすぎです。
    ここでもホームレスですか。
    なんか、どんよりした雰囲気が街にあるのかな。
    オープンマインドな快活なイメージが写真からもないような気がします。

    アデレード、人口の割には田舎って感じしますね。

    • オーストラリアの街は総じてホームレスが多いですね。
      日本と違って彼らも積極的に話しかけてくるので少し大変です。
      なんとなく写真から伝わっているようで嬉しいです。
      街の大きさは同じ人口の日本の街と比べて2割減って感じですよね、土地の広さの違いからでしょうか

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です