オーストラリアでの1年間の完璧なスケジュールについて Part3(最終版)

こんにちは。えのきです。

英語学校での1ヵ月は早々に終わり卒業しました。

学校に通ったのはたったの1ヵ月間でしたが、普段の生活ではなかなかできないディスカッションや特定のトピックでのフリートークなどが沢山できたので効果はあったのではないかと思います。

私は一カ月で終わりにしますが、何カ月も通い続けている人は多くいます。受付で「期間を延長したい」と言えばいくらでもいられるようです。

自国での長期休暇を利用してオーストラリアに来たついでに英語を学ぶ人、留学の合間に英語をもっと話すために参加する人、この英語学校では様々なバックグラウンドを持つ人たちがいましたが、皆優しく温かかったです。

安価に英語を学びたい人にはとてもおすすめです。

さて、今回はオーストラリアワーホリ計画練り最終回です。

帰国まで後3ヶ月になり、そろそろ真面目に考えなければならなくなってきました。

これまでの計画はこちらになります。
オーストラリアでの1年間の完璧なスケジュールについて Part1
オーストラリアでの1年間の完璧なスケジュールについて Part2

シドニーに来た当初の理由は「お金が無くなったから」でした。それは今でも続く問題です。本当、貯めてくれば良かった。

帰国後に必要なお金を貯め、次の場所でなんとかやっていけるだけの余裕を持たせるには随分と時間が掛かっています。途中遊んだりしましたしね。

私が英語学校を延長しなかったのも、学校に通っていたら案外お金が稼げなくなったからです。1日2時間とはいえ移動や準備の時間を踏まえると昼間はほとんど拘束されてしまっていました。収支がマイナスになることはありませんが、このままの生活をしていては何もできずに出国の日を迎えてしまいます。

それは全くよろしくありません。これからどのように過ごすのが最も満足してワーホリを終えられるのか考えました。

これまでの予定

そもそも出国前の予定では、1年中オーストラリアのファームを渡り歩いて生活をする予定でした。「何も考えずに芝生でごろごろする」という当初掲げた目的を果たすためでした。

しかしオーストラリアでWWOOFとストロベリーファームでの生活を終えて1ヵ月、早々にその夢は絶たれ、南半球最大都市シドニーで生活をすることになりました。そこで1度予定を変更したのですが、まだ田舎での生活を諦めてはいませんでした。

ちなみにですが、私は田舎に行きたいのはリフレッシュできそうという単純なイメージからです。

11月頃充分な蓄えを持ってシドニーを出発し、オーストラリアで最も南極に近い地域であるタスマニア半島へ移動、ファームでタスマニアドリームを手にし、あり余るお金でオーストラリアを旅行して日本へ帰国する、というのがシドニーで改めて立てた予定でした。
お金はあるに越したことはありません。大金が手に入る可能性のあるこのプランは私にとって魅力的でした。

ですが時間をかけて調べていくにつれ、様々な条件からタスマニアでうまくドリームを手に入れられる可能性がそれほど高くないことに気が付きました。
「タスマニアでの待機期間」「今年の評判」「車の有無」などが主な理由です。

失敗したらワーキングホステルで何もしないまま1ヵ月以上待機してお金が尽きそのまま帰国コースです。旅行も何もあったものではありません。悲しみに満ち満ちています。とはいえこのままシドニーでのんびりし続けお金を貯めて帰国しても、挑戦しなかったことを後悔しそうです。

頭を抱えて悩んでいると、ふと出発前に作ったこのサイトのアドレスが目に入りました。

WWOOF in Australia

そうでしたね。WWOOFでオーストラリアを回るんでしたね。

すっかり忘れてしまっていた当初の目的を叶えて帰ることができればきっと満足して終えられると自分の中で納得した瞬間でした。

これからのスケジュール

というわけで、改めてこれからの予定を立て直しました。

WWOOFをしながらオーストラリア全体を回るプランです。

ちなみに初めの1ヵ月の反省から湿気の多い地域は避けました。一日中足がグチャグチャ体ベトベト虫ワラワラの地域は正直もうしんどいです。

11月前半

オーストラリアの代名詞エアーズロック(ウルル)へ行きます。

これは完全に観光です。本当は数週間滞在する予定だったのですが、農家さんからろくに連絡が返ってこないことと時期的に暑そうすぎたので旅行にしました。

飛行機の関係で一番初めに持ってきてしまいましたが、単純に楽しみです。
「これぞオーストラリア!」って感じですね!きっと。

11月後半

オーストラリアの首都って皆さん知ってますか?
メルボルンでもシドニーでもないんですよ。

その名は「キャンベラ」。シドニーから電車で5時間程離れたところに位置する世にも珍しい完全計画都市です。

ここにはオーストラリアの国全体を統括する国家行政機関が密集しています。

なかなか訪れられない辺鄙な場所ですし一度行ってみたいですよね。

という訳で、キャンベラの近くにある農場へ1~2週間滞在します。
馬がいるんですって。上手く交渉して乗らせてくれないかなあ。

12月初め

シドニーまで電車で戻って飛行機でアデレード付近へ向かいます。

少々面倒ですが他に良い交通手段がないのです。

全く何があるか想像がつきません。

このアデレードの下にある「カンガルーアイランド」とかいう島の名前に惹かれるので行ってみたいなあとか思っています。

ただ電波が完全に入らない地域なので迷い中です。

ここでも2~3週間過ごす予定です。もしかしたら家を転々とするかも。

12月後半~1月初め

アデレードから「世界で1番美しい都市」と名高いパース付近へ飛びます。

さっきから街の名前を挙げていますが、実際に行くのはきっと「街の近くのド田舎」です。街中心部に農家は住みません。

ここでクリスマスと正月を迎えられることが理想です。2~3週間ですね。
ただ何となくオーストラリアの年末は家族水入らずのイメージがあるので、宿泊先が見つからないかもと危惧しています。

最も孤立した国際都市」「世界で一番美しい街」と呼ばれるパースは日本からの直行便もなくなかなか訪れる機会も少なさそうなので絶対に行きたい場所の1つです。

ときどき話題になる「笑っているように見える動物」クォッカワラビーが原生するのはパースから船ですぐのロットネストアイランドだけなんですって。

1月初め

これでWWOOFの旅はおしまいです。パースから(きっと)懐かしのシドニーへ戻ってきます。

ゆっくりしながらお土産を買ったり帰国の準備をしたりするのが目的です。3日程度滞在する予定です。

最後の夜はダーリングハーバーでビールでも飲みに行きましょう。
きっと感慨に耽ることができること間違いありません。

1月11日頃(予定)

最後の目的地はゴールドコーストです。日本人に大人気のビーチリゾートで旅の疲れを癒します。

というのも日本への直行便の都合でケアンズかゴールドコーストに行かなければならなかったんですよね。シドニーがラストの方が見栄えはするのですが。

どうせこの時期は真夏ですし、毎日ビーチにでも行きましょうか。

正直この日が来ることがまだ想像できません。

そして19日の朝、私は日本に戻ります。

予定よりも1,2週間早いですが、これはお金の都合と就活のスケジュールを憂慮したためです。帰国したら実家に引きこもって毎日温泉行きます。

何度も言いますが、この日が来ることの想像がまだまだできません。

ラストスパートですね

これから回る予定の街です。

ようやく3ヶ月経過……と言っていたころが懐かしく、もう「残り3ヶ月」ですね。とはいえ後1ヵ月はシドニーにいるのでラスト2カ月だけが忙しいのですが。

飛行機まみれの移動なので予算を満たすため毎日ひたすら自転車を漕いでいます。悲しみすぎてドルマゲスになりそうです。

ちなみにこの旅を無事に終えたら一応オーストラリア大陸の全州を周ることができることになります。

昔貼ったやつ
目指せ全州制覇?(タスマニア以外)

実際まだ行き先の農家さんとコンタクトをあまり取れていないので色々これからだったりします。
でも日本への飛行機は取ってしまったので旅の終わりは確定です。

出発前は無限に思えたワーキングホリデーも終わりが見えると短く感じてしまいますね。

ひとまずは旅に出られるお金を足で稼ぎましょう。

それではまた。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

シェアして下さると喜びます

2 件のコメント

  • なんだか、月日が経つのは早いですよね。1月には帰国なのですね。
    残りの時間、楽しんで下さいね。

    もうすぐウルルかな。気候はどうなんだろう?教えて下さいね。
    ウルル、登頂したかったなー。気候的条件がそろわないとなかなか登頂できないと聞きました。
    とても確立が低いと。短期間の旅行だとなかなか登頂チャンスにも恵まれないみたいです。

    タスマニア、どんなところか知りたかったなー。
    でも、強制帰国になってしまうと残念ですものね。

    残りの時間をぜひぜひ楽しんで下さい、うまく行きますように!
    心から祈ってます!こんな時間が持てること、人生で何回もないかもしれないので。
    have a fun!

    • ありがとうございます。数字で見るとあまり時間は残されていないのですが、なかなか実感できていません(笑)
      ウルルは来週行ってきます。実はウルル、今年の10月26日から法律が変わって「完全登頂禁止」になったらしいですよ。
      とはいえどちらにせよ私は登っていなかったと思います。颯爽と滑落してしまいそうですしね。
      今後の予定変更は大分悩みました。余計に大変なプランになってしまった気もしますが、やれるだけやってみたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です