シドニーで英語学校に通い始めました

従妹の誕生日をガン無視していたことに気が付きました。えのきです。いつも自分の誕生日に連絡をくれるのにこちらから送ったことは頑としてありません。人の誕生日を覚えられる人間になりたいです。反省しています。

遊びに来てくれた友人が日本に帰国し、自転車を漕ぐ日常に戻らなければならなくなったのが先々週の話。これからお話するのはその続きです。

シドニー生活も残すところ1月半程度になり、終わりが見えているものの、このままただUberをし続ける生活にも退屈さを感じていました。そこで前々から興味があったシドニーにいくつかある無料の英語学校を見てみることに決めました。

タダほど高いものはないものです。一体どうだったのか見ていきましょう。

格安で英語を学ぶには

初めに一般的な語学学校について見ていきましょう。

オーストラリアの語学学校は現地の人が通う大学や専門学校の数倍学費がかかるといわれています。身近に通っている人や現地で調べた限りでは1ヵ月約2500~3000ドル、3ヶ月で8000~10000ドル程度かかるのが標準でした。

ちなみに同じお金を払えば同じ期間の三食住居付きでセブ島の語学学校に通うことが出来ます。

私には到底そんなお金はありませんでした。あったとしても少々高すぎに感じます。

私はオーストラリアに英語を学びに来たのではありませんが、これから田舎に移ることも考えると学んでおくに越したことはないでしょう。それになにより毎日自転車を漕いでいるだけの生活はときどき飽きを感じてしまいます。

という訳でしばらく前から英語できるだけ安く学ぶ方法がないか探していました。

独学を除き、方法は大きく3つありました。

  • Meetupなどイベントや個人で関係を持つ
  • 協会で行われている無料レッスンに参加する
  • 英語学校で行われている無料授業に参加する

簡単に見ていきましょう。

1.Meetupなどイベントや個人で関係を持つ

MeetupなどのコミュニティサイトやSNS上には多くのLanguage Exchangeの募集があります。友人を作って話していれば自然に英語も上達するよね、というものです。実際に知り合いの日本人でオーストラリア人の彼氏を作って英語を勉強している猛者もいました。
よく言われるように、多分これが一番効率が良いのではないでしょうか。私には無理な話ですが、我こそはという人は挑戦してみてください。日本人は女性であればモテます。

2協会で行われている無料レッスンに参加する

キリスト教の教会ではしばしば無料の英語レッスンが行われています。日本でも時折見かけますね。
噂によると丁寧に教えてくれて参加しているのも優しい人が多いそうです。内容が聖書に関わるものであることもあるので知識のない日本人は敬遠してしまう人もいるかもしれませんが、様々な場所で行われていますので気軽に参加してみるのも良いかと思います。

3英語学校で行われている無料授業に参加する

私が選んだのはこの方法です。

他の2つと違って筋が通っていないように思える「無料」授業ですが、これにはきちんとした理由があります。

無料の授業で教えてくれる先生は正規の先生ではないのです。英語学校の場合「純粋な英語教師」ではなく「英語教師になりたい生徒」が授業をします。

プロの英語教師ではないから授業料は取れないけど、生徒に教える経験を積ませたいからタダで生徒を募集するよ、という訳です。生徒にとっても教師にとってもWinWinのシステムですね。

シドニー近郊だけでも私が聞いたり調べたりした限りで数校、そのようにして無料で授業を受けることのできる学校がありました。今回私はその内の1つに申し込みました。

IH(International House)に行こう

International Houseについて

友人Tを見送った翌日の水曜日、私はシドニー中心部に建つ小さなビルの1つInternational Houseを訪れました。ここに来た目的は毎週火曜と水曜に行われている無料の英語のスピーキングテストを受けることです。

薄暗い階段を登り、ドキドキしながら扉を開けます。

受付

案内に人の良さそうなお兄さんが二人横に並んで座っていました。

スピーキングテストを受ける旨を伝えると簡単なプロフィールの記入を求められ、書いて渡すとすぐにテストを受けられました。

テストは教師の一人と簡単な世間話をするだけでした。初めは緊張しましたが、ものの数分で終了しました。

受付に戻りしばらく待つとテストを終えた人に声がかかり、2つのプランを選ぶように言われました。

  • 週2日、火曜と木曜 を9週間のコース
  • 週5日、月~金曜日、13~15時で4週間のコース

昼間は学校や仕事で忙しい人は週2回の夜の部が選べるようになっているのは良心的ですね。

私は当然週5日の昼の部です。どちらを選んだとしても学校の登録料として1度だけ50ドルかかります。

いつから始めたいか尋ねられ、早ければ早い方が良いと伝えると早速明日から授業を受けられることになりました。時期とか関係ないみたいです。

登録を済ませ「また明日」と挨拶をすると、入った時とは打って変わってうきうきの気分で学校を後にしました。

当日

勢い良く扉を開けると空いていた席に座ります。

授業は1時間のコマを連続で2回行う形式でした。
授業のテーマは日によって異なり、1つのテーマに沿ってリスニングやスピーキング、発音から文法まで広くカバーしながら進めていきます。
時折先生自身が授業をする場合もありますが、ほとんどはその学校に在籍している生徒たちで、教える上手さには個人差があるものの皆一生懸命に楽しく教えてくれようとしてくれます。

生徒の数は日によってまちまちですが5~8人程度の少人数で国籍もバラバラです。ヨーロッパや南米、また日本からの人が多いでしょうか。地域ごとに英語になまりが感じられて聞き取りにくいことはあるものの、私も人のことは言えないのでいい勉強だと思いましょう.
年齢も同様に様々で、大学生から社会人、60近くに見えるおじいちゃんまで授業に参加していました。

授業の雰囲気はいつも和気あいあいとしていてフレンドリーです。日本の授業のように静かな雰囲気で行うというよりもコミュニケーションを積極的に取ることが推奨されています。コミュ力の足りない私にはときどき苦行に変わります。

ここまで良いことばかりを書きましたが、悪いところはというと、

いまのところ特にありません。

あえて言うなら先ほど挙げたように、教えてくれる生徒の能力に個人差があることでしょうか。あまり自分たちと英語のレベルが変わらないのでは、と思われる人に教えてもらうこともあります。
それと時間の短さです。1日2時間しかありませんので人によっては物足りないかもしれません。

私は寂しさを紛らわすついでに英語を学べたらいいかなくらいのスタンスで通い始めたので全く問題ではありません。

本格的に勉強したい人はきちんとした語学学校に通うべきかもしれませんが、軽く学びたい人にとっては私の通っているような無料の英語学校も良い選択肢になると思います。

これからのシドニー生活について

焼き肉食べ放題に行ってきました。
日本式で美味しかったです。

2カ月ほど前に入ってきた日本人たちもファームへ行くと既にシドニーを旅立ちました。私ももはや見送る立場になってしまっています。寂しくなりますね。
もしかしたら私も予定を繰り上げてあと1ヵ月と経たずに出ていく可能性が僅かですが出てきました。安定しないものです。

英語学校は通い始めて2週間が経ちましたが、およそ満足して過ごしています。

いつも参加しているフランス人に「大学でフランス語勉強したことあるよ(どや顔)」と言ったら「何か覚えてる言葉ある?」と聞かれ、全く記憶に残っていなかったので唯一覚えていた「びーぶるぬべろんえれこぱん!(新年と新しい仲間たちに乾杯!)」と言い放ったところ、それは違うと真顔で返されてフランス語教室を英語学校終わりに受けています。まじめに勉強しなかったことを悔やみます。

なんにしろ、これからしばらくは

「朝Uber昼学校夜Uber」という生活が続きそうです。予定よりも少し貯金が足りていないので、どうにかシドニーを離れる前に余裕を持たせておきたいと思っての采配です。代わり映えのない毎日でブログに書くことにも欠きそうです。

それにしてもまた何も分からない生活に戻るのは怖いものですね。
とはいえあと4カ月程度。後悔の無いように過ごしていきたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

それではまた。

シェアして下さると喜びます

2 件のコメント

  • 結構、英語勉強するの、高いですね。オーストラリアは物価が高いからかな。
    驚きました。

    私は、イギリスでとてもよい語学学校に出会え、仲間にも出会えました。
    当時、ヨーロッパの人達は、英語ができないと仕事がない、不況でとても苦しんでました。
    なので、アルバイトしたりして皆さんお金を貯めて、検定試験に必ず受からないとならない
    という気持ちでいらしていて、試験に落ちてしまい、泣いていた子もいました。

    また、UAEなどから来ていた人達は政府からの派遣で管理されているようで出席が足りないと
    赤紙が来たかのような勢いで本国に強制帰国させられていました。出席をモニターされている
    ようでした。国費留学になるんでしょうね。

    イギリスもワーホリが途中から始まっていましたが、今は移民が多く、彼らが働いているので状況は変わっているかもしれないですね。

    オーストラリアにした理由などあるのですか?機会があったら知りたいです。

    オーストラリア、いいとこですよね。また、行きたいなー。

    • イギリスでの留学いいですね。やっぱり留学が一番です。
      ただそんなに切羽詰まった状況で学習するのは精神的にしんどそうですね。私のように日々だらだらしている人間と違ってそうした環境にいれば間違いなく能力は伸ばせるのでしょうけれど。
      私がオーストラリアにした理由は特にありません笑
      私のイメージの中でオーストラリアの景色が北海道の野原のように果てしなく続く芝や草原があるものだったからです。そうした中でゆっくり生活をしたいなと思ったのが渡豪したきっかけです。
      実際に訪れてみると理想とは遠い生活を送っているようにも思いますが、これはこれで満足しています。最近では往復5万円程度でオーストラリアに来ることもできるのでぜひ時間があればお越しください。やっぱり日本とは違うのんびりした空気がありますから、リラックスできると思いますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です