22歳になりました。


バッパー生活も1ヵ月が経ちましたね。えのきです。
来週土曜日に新居に越すことが決まりました。慣れたバッパーから去るのは惜しいですが、新しい生活を楽しみに待っています。

アルバイトはといえば、「私はあなたが嫌いです」の文章を見せてくれた同僚との関係性も、毎日のように同僚の愚痴を聞く日々を経ることで、ついに前回のバイトでは「あなたとバイトしてる方が楽しい」と言ってもらえるようになりました。なんという変化でしょう。ありがたいことです。

が、いくら好かれようが、私はあなたが嫌いです。
自分が好けば相手も好いてくれると思っている自己本位な考えは大嫌いです。

とはいえこれでバイトも大分気が楽になり、生活も安定してきました。お金がある程度溜まるまでは続けたいところですね。

さて、今週の土曜、6月15日は私の22歳の誕生日でした。
おそらく一生に一度しかないオーストラリアでの誕生日、21歳からは誕生日を迎えても「また歳とったな」としか特に感じなくなってきている私ですが、せっかくですので特別なことがしたいと思っていました。

どうやって過ごしたものでしょうか。今日はそんな土曜の1日を追ってみましょう。

朝、パディントンのマーケットへ。

この日の予定は前々から決めていました。

朝9時にバッパーを出発し、バスに乗り込みます。

向かった先は…

シドニー屈指のおしゃれエリア、パディントンです。

ここパディントンはセレクトショップやバー、カフェが集まるシドニー観光の定番スポットで、様々なアーティストが拠点としているエリアでもあります。

普段おしゃれとは縁の遠い私ですが、この日はここに服を求めてやって来ました。毎週土曜日に開催されている「パディントン・マーケット」です。

パディントン・マーケットは毎週土曜日に開催され、地元のアーティストなど様々な人が出店するシドニー屈指のフリーマーケットです。

私が急にフリマを訪れたのには訳がありまして、 私今まで上着を1枚しか持っていなかったのです。 オーストラリアはあったかいだろうという適当なイメージでこちらにやってきたつけを日々震える体で支払ってきました。

いつも着ているコロンビアのアレもさすがに毎日着られては限界が来てしまいます。

これ1枚ではこれから訪れる冬を耐えられません。せっかくの誕生日という良い機会ですので何か今後も使えそうな「安くて薄くて暖かい」牛丼のような3拍子揃ったものを求めていました。

良いものを見つけられたらいいのですが。

マーケットに入ると

教会敷地内には色々なお店がありました。これはいい感じの出店も見つかるかな、と思い探していたのですが…。

見つからない。

そもそもそれほど規模が大きくないというのもあるのですが、多少なり勘違いをして行ってしまったところが大きかったです。

というのもこのパディントン・マーケットは

  • 男物はまずない
  • デザイナーの見本市

というものでした。

期待して行ったはいいものの、

当然手ごろで丈夫な男物の上着なんて見つかるわけがありませんでした(もしかしたらタイミングによってはあるのかもしれませんが)。

反対に、ここでしか手に入らない新鋭デザイナーの1点物や人と被らないオーストラリア土産なんかを求めていくには大正解だと思います。

自分もワーホリの終わりにお土産を買うときはここにまた探しに来ようと決めました。そもそもフリマとはいえ安く買えると思って行った魂胆からして間違っていますね。

悲しくも目当てのものは見つかりませんでしたが、せっかくですのでマーケットを見て回ります。

食べ物や子供たち用のスペースなんかも多くあり、ゆっくりとたのしめるようになっていました。

町内会みたいだ。

美味しそうなケーキを見つけたので誕生日ケーキと言い切って購入しました。

チーズがあっさりと食べやすくてとても美味しかったです。
その後もぶらぶらしながら音楽など聴きつつ小一時間は楽しめました。

後で調べたところによると、このフリマはシドニー3大フリーマーケットと呼ばれる中でも最も有名なもののようですね。
その割にはそこまで規模が大きいものではありませんでしたが。また来たいと思える良いフリーマーケットでした。

昼、公園へ行き映画を観る

マーケットを後にした私は、そのまま徒歩で近隣の公園へ向かいました。

その名も”Central Park”。名前の通りシドニー中心部程近くにあるとっても大きな公園です。

ちょっと疲れたのでここで休憩です。1時間くらい芝生に転がってごろごろしたり、園内をのんびり歩いたりしました。
オーストラリアは犬と散歩している人が特に多い印象ですが、ヨガをしていたり読書をしていたりBBQをしていたりと、皆思い思いに過ごしている公園はとても癒されます。

やっぱり馬もいるのね

充分にゆっくりした後で、公園の横にある映画館へ赴きました。

オーストラリア全土にある映画館HOYTSです。

今日観る予定の映画は日本未公開の「ジョンウィック3」です。

ちなみにこの「ジョンウィック」シリーズ、アクションシーンの出来が良いもののネタバレは控えますがストーリーがシュールで面白いのです。

余談ですが、誰かスマホアプリの「filmarks」始めませんか?映画やドラマなどの感想や評価を共有できるやつです。せこせこ1人更新していますが、誰か知り合いの観た作品の感想も気になって。楽しいですよ。
フィルマークス公式サイト

お客さんはガラガラで、中に入ると指定された席でなく皆バラバラに座っていました。

というか映画館の入り口から館内に至るまで一度もチケットのチェックがありませんでした。電車のチケットの時も感じましたが全体的にガバガバすぎませんかね。

内容はいつも通り面白かったです。聞き取れないところも多かったですが。キアヌ・リーヴスのアクションを観るのが本筋の8割ですので問題はありません。

オーストラリアで映画を観たいと常々思っていたので、やっと叶った嬉しさがありました。また休みの日にでも行きたいですね。

夜、いつものダーリングハーバーへ。

1日の締めはバックパッカーズホステルからすぐ近くのもはや見飽きたダーリングハーバーへ向かいました。

今日は半月近く続いていたVivid Sydney(ビビットシドニー)の最終日。人もいつもより混みあいフィナーレらしい賑わいを見せていました。

無事に引っ越し先で落ち着いたらこう毎日来ることもなくなるのかと海岸沿いを歩きながら感慨に耽ります。

いつもよりも心なし綺麗に見える景色を1人寂しく眺めます。

ダーリングハーバーって1人で来るところじゃないんだよね

そしてこの後、海辺のレストランに行って渡豪して以来の酒を飲む…

予定だったのですが。

のどがむずむずして止まらない。
どうも今日一日風邪っぽかったのですが、夜になるにつれ微妙に悪化してきた様子。

非常に残念でしたが、大人しくバックパッカーズホステルに戻り酒の代わりに購入した大量の果物を貪り休養を取りました。

その後部屋でのんびりしたり電話したりして誕生日の1日が終わりました。

祝ってください

映画を観た以外は目的を果たしたとは言い難い誕生日でしたが、目的なんてあってないようなものなので楽しめてよかったです。良い一日でした。

22歳の大部分はオーストラリアで過ごすことになるでしょう。自分の人生の中でもきっと特殊な一年になるのだろうと感じています。

再来月辺りまでに「オーストラリア楽しすぎて帰りたくなくなった」みたいなタイトルでブログ更新できるようになるのをひとまずの目標にしましょう。
今はもう2週間前あたりほどしんどい生活ではありません。が、まだとても楽しんでいるとも言い難いですので。

今年もいい年になりますように。

それではまた!

実はこの翌日の日曜日に(ささやかな)茶会に参加する予定だったのですが、風邪気味だったのと単純な寝坊のダブルアタックで次回に流させてもらいました。行こうと思ってたんだけどなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

シェアして下さると喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です